科学的根拠に基づいた言論活動を支援する団体です

「守れる命を守る会」は科学的根拠に基づいた言論活動を支援する団体です。医学・科学の専門家、ジャーナリスト、法律家等との交流及び協力を行い、科学的な言論活動に対する誹謗、中傷、訴訟等を受けた者に対する人的物的支援を行います。
全国の医師、ジャーナリスト、弁護士のほか、幅広い分野の方々からご賛同いただいております。

本庶佑先生「子宮頸がんワクチンをぜひ勧めるべき」について

本庶佑先生のノーベル賞ご受賞、心よりお祝い申し上げます。
本庶先生は、以前より本会をご支援して下さっておりました。

今回、先生のご造詣を通し、「子宮頸がんワクチンをぜひ勧めるべき」と厚生労働省に対して発言された事実を本会も重く受け止めております。
日テレNEWS24(Yahooニュースへ)

本会をご支援下さる方々や、「子宮頸がん」の予防・治療に携わる多くのご関係者の方々も同じ思いであると存じます。これからも失わずに済む命を守るための活動を続けてまいります。

本庶先生の御功績に対して心より敬意を表すと共に、益々のご活躍を祈念申し上げます。

(※)本庶先生は、ノーベル賞受賞後の初講演で、村中璃子先生の著作『10万個の子宮』をご紹介くださいました。


信州大学からの削除要請文書と回答

信州大学からの削除要請文 2018年8月10日

当会からの回答 2018年9月19日


ご署名のお願い

「池田修一氏及び池田班に関する要望書(2)」

村中璃子氏に対して起こされている裁判で、原告の提出した証拠資料に改ざんが見つかったのを受け、当会では改めて署名を集めることにしました。(2018年7月21日)

 

専門家意見書

野田起一郎氏意見書

吉川裕之氏意見書

宮川剛氏陳述書

【電子署名】はこちら



Web上で署名ができます

【紙での署名】はこちら

紙での署名はこちらをダウンロードして用紙に記載されたファックスへご送信ください。

 

厚生労働省 健康局健康課からの問合せと回答

厚生労働省からの問合せ 2018年7月19日

当会からの回答 2018年7月21日

名古屋市子宮頸がんワクチン予防接種調査最終報告書


新着

ざくっと分かる!池田修一捏造実験裁判(21)証拠資料も改ざんか?

証人尋問に先立つ2018年6月末、村中氏は、関係者への取材を通じて、新たな資料を入手するに至った。信州大学が2 …

ざくっと分かる!池田修一捏造実験裁判(20)「公開法廷の証人尋問に出席できない」というA氏

2018年3月7日、4月19日、6月8日に行われた進行協議期日においては、誰を尋問するのか、尋問時間をどうする …

ざくっと分かる!池田修一捏造実験裁判(19)専門家の意見2:「池田修一氏の発表は『全く根拠もないでたらめな発表』であり、『捏造』としか表現できない」

元筑波大学医学医療系長で、子宮頸がんワクチンの臨床試験にも関わった医師の吉川裕之氏は、 「今回の事案のように全 …

ざくっと分かる!池田修一捏造実験裁判(17)原告池田修一代理人が薬害団体・支援者らに「報告集会」を開催

2018年1月9日午前11時からの裁判期日は、久しぶりに公開法廷で行われた。会場となった第527法廷の傍聴席は …

PAGETOP
Copyright © 守れる命を守る会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.